インフルエンザワクチン

ワクチンの接種について

インフルエンザワクチンは麻疹や風疹のワクチンのように、接種すれば必ず感染を防ぐことができるわけではありません。ワクチンを受けてもインフルエンザにかかるかもしれません。

ワクチンによる効果は、1歳~6歳未満で20~30%といわれていますが、このワクチンの目的のひとつは、インフルエンザに感染したとしても症状が重くならないようにすることにあります。

ワクチンの副反応

一般的に副反応は軽微です。接種局所の反応が主であり、発赤、腫脹、疼痛をきたすことがありますが2~3日で消失します。発熱、頭痛、悪寒、倦怠感などもまれに起こります。また、急な副反応に対応できるように接種後30分間は院内か医院の近くにいるようにしてください。

接種回数について

インフル接種回数.png

6ヶ月未満のお子さんは接種できません。

日本では6ヶ月から2歳までのお子さんは2回、13歳以上は1回接種になっています。WHO(世界保健機構)の方式では2歳までは2回、3~8歳までは前年度接種している場合は1回、接種していない場合は2回(※)、9歳以上は1回接種となっています。

今シーズンはワクチンの供給量が少ないことから、なるべく多くの方が接種できるようにWHO方式で接種することにいたしました。3歳〜8歳で前年度接種している場合、9歳以上は1回接種となります。母子手帳で確認させていただきますので必ず母子手帳をご持参ください。​

2021年のインフルエンザ予防接種外来

ワクチンが不足しているため6ヶ月から19歳を優先させていただきます。

10/23(土)13:30~17:00

11/  6(土)13:30~17:00

11/20(土)13:30~17:00

12/  4(土)13:30~17:00

​12/18(土)13:30〜17:00 追加しました

インフルエンザ予防接種外来では、予防接種のみを行い、薬の処方、病気の診察・相談はおこないませんのでご了承ください。

​予防接種のインターネット予約はこちら

 

インフルエンザ予防接種外来以外の接種について

一般の診療時間でも受付終了の30分前まで(午前は9:00〜11:30、土曜を除く午後は15:30〜17:30)は接種が可能です。WHO方式に沿った2回目の接種は11月9日から開始する予定です。

外来が混み合ったり、ワクチンが足りなくなった場合は、受付をされていても接種を中止することがありますのでご了承ください。​またワクチンの不足が解消されるまで19歳以下の接種とさせていただきます。

接種料金

1回目     4,180円(税込み)

2回目     3.740円(税込み)(1回目を別の医療機関で受けた場合は4,180円)

 
 

インフルエンザ予防接種用予診票

​年齢、接種回数で別々の予診票になっています。お間違えのないようにお願いします。印刷はカラーでお願いします。

 

インフルエンザワクチンを

   接種するにあたって→

 

6ヶ月〜2歳 1回目接種用予診票 →

 
 

6ヶ月〜2歳 2回目接種用予診票 →

 
 

3歳〜12歳 1回目接種用予診票 →

 
 

3歳〜12歳 2回目接種用予診票 →

 
 

13歳以上 接種用予診票 →