予防接種

平日14:00〜15:30、土曜13:30〜15:30に乳児健診と同じ予約枠で予約制で行っています。1ヶ月前から予約ができますので、予約システムもしくはお電話でご予約ください。
一般診療時間内でも接種が可能です。通常受付終了時間の30分前までになります。平日9:00〜11:30 15:30〜17:30 土曜9:00〜11:30。
一般診療時間内の時間予約はできません。順番予約をとることができます。
一般診察の方と待ち合いをなるべく分けるように配慮しますが、一緒になることがあることをご了承くだい。
予防接種の来院までの流れ
 
来院前に市から送付された予防接種の案内と「予防接種と子どもの健康」をお読みになり、予診票のご記入をお願いします。
ロタウイルスワクチンを服用(接種)するときは、吐き戻しの予防のため授乳は少なくとも来院30分前までにお済ませください。
必ず母子手帳と予診票をお持ちください。お忘れになりますと接種できませんのでご注意をお願いいたします。
当日予約をキャンセルされる場合は電話で連絡をお願いいたします。
その他、ご不明なことがありましたらお電話でお問い合わせください。
(TEL 048-254-3332)
おたふくかぜワクチンについて
​川口市に住民登録があり、平成30年4月1日以降、おたふくかぜワクチンの市の助成を受けたことがない1歳から小学校就学前のかたは1回に限り3000円の助成を受けることができます。
詳しくは川口市のホームページをごらんください。
​当院ではおたふくかぜワクチンの2回接種を勧めています。2回目は全額自費の接種になります。接種料金についてはこちら
​おたふくかぜワクチンについて詳しくはこちらをごらんください。
子宮頸がんワクチンについて
​​子宮頸がんワクチンは現在積極的勧奨を一時的に中止しているため、保健センターから問診票が送られてきませんが、小学校6年生から高校1年生の間ならば定期接種として無料で接種できます。接種希望の方はお問い合わせください。
子宮頸がんワクチンについて以下も参考にしてください。
東京小児科医会「《お子さまと保護者向け》HPVワクチンリーフレット」のご案内
ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)接種推進に向けた関連学術団体の見解
​厚労省 ヒトパピローマウイルス感染症(HPVワクチン)
5回目の3種混合ワクチンと不活化ポリオワクチンの追加接種について
​​百日咳とポリオは4種混合ワクチンを定期接種として4回行っていますが、4回目のワクチン接種終了後に抗体が徐々に低下し、小学生の頃に百日咳に罹患するリスクがでてきます。4種混合ワクチンは4回までしか接種できないため、日本小児科学会では、就学前に3種混合ワクチンと不活化ポリオワクチンを接種することを推奨しています(日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュール)。
11〜12歳で定期接種として接種する2種混合(DT)ワクチンの代わりに3種混合ワクチンを接種することも可能です。
接種はいずれも任意接種になります。接種料金についてはこちら
髄膜炎菌ワクチンについて
学生寮や運動部などの集団生活で感染のリスクが高まります。高校や大学などで入寮する場合や海外留学をする前に接種することをおすすめします。
接種料金についてはこちら
Copyright(c)2020 医療法人社団curest山森小児科 All Rights Reserved.